1. Home
  2. 社寺建築案内
  3. 地震対策
  4. 壁・各部の地震対策

壁・各部の地震対策

地震対策において一番の攻略ポイントとなるのが「壁」

神社仏閣等では開口部を多く取り、開放的な建築が多くあります。まずは「壁をつくる・増やす」ことで地震の横からの揺れに抵抗します。壁をつくる時は、その配置バランスをよくすることで効果があがります。バランスが悪いと地震の際に建物がねじれやすく、倒壊の危険度が増します。

壁の改修

壁の新設

壁の無かった所に新たに壁を作ります。
支えが増え、横揺れに対する抵抗に効果があります。

筋かい

四角の壁面に斜めに木材を入れることで水平力に抵抗できます。

荒壁パネル制震工法

土壁と同じような防水性、調湿性、断熱性、防音性を持ちます。地震の際に粘り強く揺れを吸収し、崩れることにより衝撃を和らげます。

各部の改修

元来、社寺建築は釘などを使用する習慣がなく、部材の継ぎ目は木杭やほぞ・強固な組み手によりしっかり繋がれていました。しかし阪神・淡路大震災以来、補強手段の一つとして金物を使用することも増えてきています。

火打ち梁

四角のフレームの隅角部に斜めにつっかえを入れることによりゆがみをなくします。床面や小屋組に入れます。

ホールダウンアンカー

基礎と土台、柱を固定する役目を持ちます。基礎の配筋の際、コンクリートに埋め込みます。土台も通し、最後にボルトでしっかり固定します。

仕口ダンパー制震工法

仕口とは柱と梁が交差する所。その仕口を固くすることなく、地震の揺れのエネルギーをしなやかに吸収し、揺れを軽減します。

ページ先頭へ