1. Home
  2. 社寺建築案内
  3. 建物の改修・修復
  4. 向拝部周り・階段・浜縁・高欄

参拝される方々をお迎えするご本堂や拝殿。
向拝の柱、階段、浜縁、高欄は木製が多い上に風雨に晒され傷みやすい箇所です。また、蟻害の影響を受けやすい部分でもあります。
雨漏り、きしみなど気になっていませんか?訪れる方を気持ちよくお迎えするために修繕・改修をご提案致します。新設も可能ですので是非ご相談ください。

向拝部周り

本堂の向拝 新設 改修

ご本堂の正面で参拝者をお迎えする部分です。向拝は勾配が緩やかなため、雨漏りしやすい場所です。
向拝柱もかなりの荷重がかかるため、傷みやすく、また蟻害による被害も多く見られる場所です。
向拝部の新設から柱の改修、束石の交換等もご相談ください。

階段

登ると軋む、木材がボロボロに剥がれるなどお困り事はありませんか?
階段の角度が急で危ない場合は、蹴上げ寸法を考慮し登りやすくするなどの工夫や、
手すりを取り付けるなどご高齢の方にも安全に昇降いただける十分なスペースを確保いたします。

本堂正面の階段の改修

浜縁

浜縁の修繕、新設

浜縁は雨風に晒されやすい場所のため腐食が進みやすく、束・束石の傷みも多く見られます。
木以外でもより長持ちするようRCで作り石貼りをする工法もございます。新設も承ります。

高欄

高欄の修繕

高欄は浜縁と同じく風雨にさらされやすい場所のため、紫外線と経年劣化により傷みが目立つ部分です。
塗装や補修を施し安全性を高めます。

ページ先頭へ