1. Home
  2. チタン屋根工事レポート
  3. 浅草寺様 宝蔵門 1. 工事内容

1 宝蔵門 工事内容

Google Map

浅草寺山門正面

浅草寺屋根 カナメチタン段付き本瓦葺き

  • 雷門でも知られる東京都台東区の浅草寺様は628年に創建された東京都内で最古の寺院であります。
    国内・海外からの観光客や参拝客は年間3,000万人にものぼり、多くの方に親しまれている名刹です。

  • 宝蔵門
    雷門を抜けた奥、本堂の直前に位置し、文化財の貯蔵庫にもなっている二階建て門です。
    高さは雷門の約二倍、22.7m。屋根の広さは二層合わせて約1,080㎡となり、瓦では約4万枚が必要となります。
  • 工事内容 & 製品

    今回の改修工事(屋根工事面積:1,080㎡)では傷みと汚れが目立つ既存の土瓦を撤去。 野地板の整備を行った上で、新しいチタン屋根材の施工を行っております。

    屋根材の選定にあたっては、瓦の落下を防ぎ、参拝客の安全性を確保する、さらに耐震性の確保の為、軽くて耐久性のあるチタンを採用。

    屋根全体の重さは100坪あたりで土瓦38トンに対し、チタン瓦は5トンと約8分の1に軽量化できます。 また、金属素材では最高の耐候性を誇り、酸性雨などによる腐食や変色の心配もありません。

下記写真をクリックすると、上記写真が切り替わります。

  • Google Map
  • 浅草寺山門正面
  • 浅草寺屋根 カナメチタン段付き本瓦葺き

次のページへ進む

チタン屋根に関してはこちらをご覧ください。

ページ先頭へ